意匠とは?特許との違いや意匠登録の概要まとめ。

建築業に携わっているとチラホラ聞かれる「意匠」をご存知でしょうか?

「特許と似ているもの」「あんまりよくわからない…」という方も多いですよね。

今回は、意匠とはどのようなものなのかご紹介していきます。

興味がある方は最後までご覧ください。

意匠とは

意匠とは、服やペンなどの身近なものや建築物など、さまざまな「もの」のデザインを指します。

意匠は、建材産業省が定める「意匠法」によって保護されており、その「もの」が持つ

・見た目
・形状
・模様
・色の結合

を対象としています。

意匠登録をすることで、他からの模倣を防ぎ、「もの」の価値を守ることができます。

特許との違い

ここまで読んでいると、「特許と一緒」と思う方もいますよね。

しかし、意匠と特許では以下のような違いがあります。

〈意匠〉

・「もの」のデザインを保護するもの

〈特許〉

・「もの」の機能や化学的な技術を保護するもの

意匠は、「もの」の形状や形・色などの見た目を保護するのに対し、特許は「もの」の機能や技術を守るものなのです。

例えば、良く食べ物がつかめる箸を作ったとしましょう。

箸の先に施された特別な加工により食べ物がつかめるなら、その特別な加工が「特許」の保護対象となります。

一方、箸の形状や色・模様は、「意匠」の保護対象なのです。

■意匠登録

意匠登録をすると、意匠を真似した「もの」の製造や販売を辞めさせたり、発生した損害を請求することができます。

意匠登録には、出願から登録までに半年以上かかるのが一般的です。

方式審査や実態審査が行われ、規定を満たしたもののみが登録することができます。

「早く登録をしたい」という場合には、審査期間が短縮できる「早期審査制度」を活用するのがおすすめです。

意匠権の存続期間は出願された日から25年で、登録料と別途で年単位の登録料が必要です。(出願時期により20年の場合もある)

建築・建設業サービス一覧

三重県

機械設置や配管工事 三重でおすすめなのが、経験豊富な職人集団「有限会社橋本組」です。

大型機械設置や移設、解体撤去作業など工場ならびにコンビナート等の大規模施設を中心に工事を行っています。

安全第一を徹底した作業を行っており、安心して仕事を依頼できる会社です。

迅速丁寧な施工でさまざまなニーズに対応しているので工事をお考えの方は一度相談されてみてはいかがでしょうか。

[アクセス]

会社名:有限会社橋本組
住所:三重県三重郡朝日町埋縄1490
電話番号:059-377-2313
営業時間8:00~17:00
定休日:日曜日
最寄駅:三重・名古屋

まとめ

意匠とはどのようなものなのかご紹介してきました。

ご理解いただけたでしょうか?

この意匠は建築の分野で「意匠設計」として関与しており、建物の面積や形状・外観を作り上げることを目的としています。

意匠設計は、建築のあらゆる分野の知識が技術を熟知することが必要であり、建築物を作り上げる上で大きな役割を担う大切なものです。